« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

ちょっともってて。

Dscf0243

猫の手も借りたいほどいそがしい・・・くなって欲しい今日この頃。

前から手持ち無沙汰そうにしていたおじさんの手を借りることにしました。

OPEN・CLOSEしっかりと道行く人に知らせて、やさしい笑顔で、お客さんをお店にご案内してくださいね。

| | コメント (0)

「春夜、JOPPARIに宴するの序」

昨晩は店全体にやさしくてあったかい春の雰囲気が漂っていたように感じます。

すてきなお客様方の笑顔と、おいしくてどこかなつかしいような料理の香り。

厨房が少しだけのぞけるカウンターで料理をお待ちいただいていたお客様と、ハンバーグをつくるマスターの背中を見ていると、なんだか「今日のごはん何?」と料理をつくるお母さんの背中から顔を出して、鍋をのぞいていたことを思い出しました。

こんな春の夜にぴったりな、李白の詩を紹介します。

高校時代の古文の授業に習って、これだけはそらでいえるくらい大好きな詩です。

「春夜、桃李の園に宴するの序」

               李白

それ 天地は万物の逆旅にして、

光陰は百代の過客なり。

しかして浮生は夢の若し、歓びを為すこと幾何ぞ。

古人は燭をとりて夜遊ぶ、まことにゆえ有るなり。

いわんや陽春の我を召くに煙景を以てし、

大塊の我に假すに文章を以てするをや。

桃花の芳園に会し、天倫の楽事を序す。

群季は俊秀にして、皆な惠連たり、

吾人は詠歌すれど、獨り康楽に慚ず。

幽賞いまだ已まず、高談うたた清し。

瓊筵(けいえん)を開きて以て花に坐し、

羽觴を飛ばして月に酔ふ。

佳詠有らずんば、何ぞ雅懐を伸べんや。

もし詩成らずんば、罰は金谷の酒斗の数に依らん。

《口語訳》 

さて、この世ははすべてのものが通り過ぎる宿屋であり、月日は永遠に留まることない旅人である。

そしてこの人生ははかない夢のようなもので、楽しいことをするといっても、どれほどのものだろう? 

昔の人は、蝋燭をつけて夜まで遊んだというけれど、それはまことに道理にかなったこと。

まして、暖かな春は、霞みのかかる景色で私を誘い、造化は私にそれを文章で描かせようとするのだからなおさらのこと。

そこで、今日桃の花の咲く心地よい庭に集い、兄弟が揃って開く楽しい宴会について書く。

ここに集う多くの弟たちはみな優秀で、有名な詩人の恵連のよう、兄の私は詩を作っても恥ずかしくて詩人の康楽には及ばないけれど。

静かにほめ味わう言葉は止まらないし、議論もどんどん高まっていく。

美しい敷物を桃李の花咲く園に広げ座って、羽の飾りのついた杯を交わしては月に酔う。

こんな中でよい詩が出来なければ、どうやってこの心地よさを伝えることができるだろうか。

もし、詩ができなければ、その罰には酒をたくさん飲むということにしよう。

| | コメント (0)

敷居の高い店

ご来店頂いたお客様はご存知かもしれませんが、うちの店の玄関には少し高めの段差があります。

今日、店に入ったとき、その段差とドアの間に足をはさんでしまいました。

あいたたた・・・

私みたいなドジじゃないかぎり、こんな失敗はないと思いますが、足元には要注意です。

そこだけ気をつけていただければ後は、楽しいお食事をしていただくだけですので、おいしいものを食べたいなぁと思ったら、気兼ねなくbistro JOPPARIをお試しください。

| | コメント (0)

春らしい

Dscf0234

乙部のイチゴです。隣のシェフからおすそわけいただきました。

イチゴなのにもちもちっとした食感。

大きくて、赤くて、甘くて、おいしかったです。

形が不揃いなので、東京ではアイスクリームなどに加工されて使われるそうです。もったいないです。

Dscf0240_2 右の写真はよしろう店長作の「キヨエと春キャベツのペペロチーノ」。ランチ営業後のまかないでいただきました。

キヨエはうちのレストランでマヨネーズやドレッシングなどに使われている、特別なオリーブオイルです。

オイルなのにすごく爽やかで、まるで草原にいるような気分になれます。お客様に「ハイジになったみたい」との感想をいただいたこともありました。

ドレッシングに使うほかにも、パンにそのままつけて食べたり、揚げ物に使ったり、アイスクリームにかけてみたり・・・、となんにでも使えるスゴイ奴です。

| | コメント (0)

さよならジャンパー

ようやくジャンパー無しで外に出られるくらい暖かくなりました。

本州出身の大学時代の友達が、「北海道に来て4年以上経つけど、まだこの寒さには慣れない」と言ったことがあります。

二十数年北海道に住んでいますが、私も全然慣れていません。

早く、冷たいビールが美味しい季節になるといいなぁ。

| | コメント (0)

「少々、お待ちください。」

外食に出かけると、普段家では30分もかけていないご飯の時間が、2倍にも3倍にもなったりします。

「どんな料理がでてくるのかしら」とワクワクしながら、一緒に来た人とおしゃべりなんかをして料理を待っている時間が、私はとても好きです。とても贅沢な時間の使い方だと思います。

コース料理だと、スープが出て、サラダが出て・・・、とそういう時間がたくさん楽しめます。ゆっくり出てくる料理を、ゆっくり味わいながら一枚一枚お皿を空にしていく達成感と満足感は、手軽ですぐ食べられるコンビニのお弁当やファストフードでは味わえませんよね。

「一皿ずつ料理が出てくるのがいいよね」という昨日のお客様のお言葉から、そんなことを思いました。レストランは本当に「食事の時間」を大切に過ごせる場所です。

| | コメント (0)

汗・・・

昨日は久しぶりにホテルのほうの「酒肴菜友じょっぱり」の宴会のお手伝いに行きました。

久しぶりに広い店内を行ったり来たりしたので、最近かいてない汗が・・・。

とってもいい運動になりました。

同じ「じょっぱり」でも、メニューだけではなく店の雰囲気やお客さんの様子も変わるので、いい気分転換になりました。たまにはこんな風にヘトヘトになるのもいいかも。

さて、今日からランチ営業スタートです。お昼のお客さんに会うのは初めてで緊張しますが、楽しんでお食事していただけるように精一杯がんばります。

お暇なら、来てくださいね。お待ちしております。

| | コメント (0)

ディナータイムですが・・・

201005182206000

20日にランチが始まるということで、今日のまかないはランチタイム限定のレディースプレート試作版です。

どれから食べようか迷っちゃうくらい、一皿で一味も二味も・・・十味くらい楽しめる贅沢プレートでした。

栄養のバランスもよくて、女性にはちょうどいい量かと思います。

| | コメント (0)

「行かず嫌い」

日本各地を飛び回ってお仕事をされている方とお話をさせていただくと、自分の知っている世界はなんて狭いんだろう、と思い知らされます。

その方は、「自分が手を加えていない、例えば人の家の庭の様子が少し変わっていたり、入ったことのないお店の看板が変わっていたりするのも、その土地の自然の風景の一つで、それらを観察しなから散歩するのがとても楽しい。」とおっしゃっていました。

テレビやインターネットを使えばすぐにそこの場所の情報を手に入れることができます。写真や動く映像もたくさん見ることができます。

でも、そこに住んでいる人たちの生活を近くに感じることができてはじめて、その土地を本当に理解することに繋がるのかな、と思いました。

私もインターネットの情報だけを信じて、「食わず嫌い」ならぬ「行かず嫌い」をしていないで、世界の色々な所を自分の目で見てみたくなりました。

| | コメント (0)

不思議な縁

木曜日のことです。開店と同時に一人の若い女性のお客様が来られました。

先日、「店にポスターを」とのことで一度店に足をお運び頂いていたのですが、この日はハンバーグステーキを食べにきて下さいました。

カウンターで何気ない会話をしていたのですが、出身を聞いてびっくり。

なんと私と同じ北海道の滝川市。

しかも高校も同じでした。
まさか函館で懐かしい高校時代の話ができるとは思ってもいませんでしたので、とても不思議な感じでした。

| | コメント (0)

王様の食卓

Dscf0232

昨日もお料理の撮影がありました。

コース料理がズラッとテーブルに並んでいます。

コース料理は普通一品ずつお出しするので、こうして並べてみるととてもゴージャスです。

王様の食卓みたい。

これらはほぼ、私の「幸せまかない」になりました。ご馳走様です。

| | コメント (0)

みんなで楽しむ

昨日、遠方から来たお客様方々に、「みんなで楽しんだほうがいいじゃない」ということでビールをご馳走になりました。

マスターの作った、チーズ春巻きとポテトサラダなどのオードブルもお裾分けいただきまして、本当にご馳走様です。サクサクの春巻きがビールに良くあって、とっても美味しかったです。

人がいて、美味しい料理と美味しいお酒がほんの少しあれば、こんなにも楽しくて贅沢な時間をすごせるんですね。「一人で」ではなく、「みんなで楽しむ」ってとても大切なことなんだなぁ、と実感しました。

こんな風に、まだ出会って間もない人間同士が同じ空間で、一緒に楽しむことができるのもレストランの不思議な魔法の一つだと思います。

本当にありがとうございました。

| | コメント (0)

門番

Dscf0226

いつもお勤めごくろうさまです。

暑い日も寒い日も、今日みたいな雨の日も、文句もいわず偉いですね。

見習いたいものです。

| | コメント (0)

食用カーネーション

昨日は母の日だったので、ご家族でいらしたお客様のお皿には、カーネーションが添えられていました。このカーネーション、食べられるカーネーションです。

白いお皿に真っ赤なカーネーションがとってもきれいでした。

マスターの出すお料理にはたくさんの色があって、盛り付けしているのをみていると、まるで一枚の絵を描いているみたいです。

| | コメント (0)

ハンバーグだらけ

昨日は千代台で日本ハムファイターズの野球の試合があったようで、試合帰りのお客様が何名かお見えになりました。

スタジアムから帰ってくる人の顔を見ると、ニュースを見なくても試合結果がわかっちゃいますよね。昨日は皆さんニコニコしていました。

注文はチーズハンバーグ、和風ハンバーグ、煮込みハンバーグ、ビーフハンバーグカツレツなどなどハンバーグが大人気。

あと、さっそく特別メニューのハヤシライスもご注文頂きました。まかないの時よりも色々とグレードアップしてます。おいしそう・・・

カウンターに座られた常連のお客様ご家族には、旬の新玉ねぎを使ったマスターのきまぐれメニューなどを召し上がって頂きました。

注文のときは「新玉ねぎのおいしいやつ、ある?」でお願いします。

忙しい一日でしたが、やっぱりお客様のいる賑やかな店内で働くのっていいなぁと、改めて感じました。

今日も頑張ります!

| | コメント (0)

幸せまかない


まかない、毎回贅沢なものを頂いております。そのまかないをちょっとだけ紹介!第一段はハヤシライスです。

中に今が旬の新玉ねぎがたっぷり入っています。サクサクで、とっても甘いです。

しっかりと煮詰めたデミグラスの香ばしい薫りと、上品な酸味がごはんにぴったりでした。

特別メニューで登場予定です。

| | コメント (0)

スター!

ゴールデンウィークも終わり、お店もほっと一息です。明日は久しぶりのお休み。何しようかな?

今日は、情報誌の取材の方がいらして、ハンバーグステーキの写真を取っていかれました。

フラッシュを浴びるハンバーグには、スターのオーラが漂っています。
おいしい薫りと、おいしい音が聞こえてくるような写真に仕上がっているのではないでしょうか。

写真からはわからない、ハンバーグの味は、お店で、お客様自身の舌で、確かめてくださいね。

| | コメント (0)

春が来た!

ゴールデンウィーク真っ只中、昨晩も賑やかな店内となりました。

天気も良く暖かいので、函館に観光にいらした方々などは、函館散策を十分に楽しめたのではないかと思います。

私の部屋でも、ほんの二日前まではストーブが大活躍してましたので、ようやく春が来たなぁ、とほっとしました。

桜も一気に咲きそうです。

| | コメント (0)

ワイン

            
もっぱらビール党だった私は、ほんのつい最近まで「ワインの味なんてよくわからないわ」と思っていました。

それが、店で扱うワインの仕入れに同行して色々なワインの試飲をしてみて、びっくり。

ワインて一本一本がこんなに個性的な特徴をもっていたのですね。

うちのレストランでは三本の赤ワインを扱っています。
ボトルを入れて、一種類をじっくり楽しむのも素敵ですが、何種類かをグラスで一杯ずつ頼んで、違いを探してみるのもおもしろいですよね。

写真は私のお薦めの赤ワイン「ナパ・ヴァレー カベルネ・ソーヴィニオン」

お気に入りのワイン、もっともっと増やしていきたいです。

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »